スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.10/28(Sun)

製作状況(071028)

青子については、AIのLV.5の作成と、その他AIの調整を行なっております。
LV.4は動作にばらつきがありすぎたので、あまり無駄な動作を行なわないよう修正しました。
また、LV.5では基本コンボを使用してくるようにしています。
さらに、一部当たり判定・くらい判定の修正とかモーションの修正なども行なっています。
コンボ周りは何度も動作確認してようやく違いが分かる範囲なので、調整はとても苦労しています…。

Ver.Aアドオンについては、ゲームオーバー画面を作成しました。
ムービー関連はまだD4に対応していないので、D0仕様となっています。
一応アニメーションします(上下にスライドする部分とかフォントのサイズ等各々パーツで処理しています)
mbac_go.jpg

セレクト画面はアーケード仕様にしようかと思っています。
アーケード版では中央部分にカウンターがついてますが、これが時計回りなのか反時計回りなのかいまいち分かりません…。
mb_counter.jpg

これがそのカウンターです。
なにせゲーセンでプレイしたのがVer.Bが出てからという始末なので…orz
ご存知の方は情報提供して頂けると有難いです。
多分、反時計回りだと思うのですがね…。
スポンサーサイト
EDIT  |  16:03 |  MUGEN関連  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

2007.10/24(Wed)

最近は面白い物が出ているものですな

最近巷では、D0ステージとD4ステージとの互換性のあるMUGENが出ているみたいで、ますます盛り上がりを見せているようですな。
セレクト画面もD4仕様らしく、一部のバグも修正されているとのことで、試しに使用してみました。
いやはや、これはまさに恐るべきですね。
Ver.Aアドオンのリニューアル版は、どうやらセレクト画面のみD0版とD4版を用意しないといけないかもしれませんね。

p.s.
掲示板を心機一転しました。
今後とも何かありましたらご使用頂ければと思います。
EDIT  |  19:52 |  MUGEN関連  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2007.10/23(Tue)

効果音とか…

昨日は、PC版ActCadenzaからヒット効果音などのシステム音声を録音していました。
PS2版の音声が妙に音質が悪すぎていたので、…ということです。
ただ、録音したファイルのままだと容量がかさばるので、「0からはじめるMUGEN」様のサイトを参考に、音声編集ソフトを使ってファイルの容量を減らすことにしました。
とはいっても、ステレオ音声をモノラルに、16bitを8bitに変換しただけですが…。
録音した時の1/4程になりましたが、意外にも音質は、違いが分かるほどには劣化してないみたいです。
これをきっかけに、音質や容量についてもう少し吟味したいと思います。

p.s.
10/21に書きました記事について、少し注釈を加えておきました。
良ければ参考にして下さい。
EDIT  |  18:22 |  MUGEN関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2007.10/21(Sun)

アンケート募集

私の製作しているキャラ全てについて。
最初は、どのキャラクターでも「ポーズメニュー」というものをデフォルトで使用させるようにする方針でしたが、煩わしいかと思い、変更したのが今の状況です(つまり、今はデフォルトで使用できません)

ポーズメニューについて知らない方に、ここで軽く説明しておきます。
ポーズメニューとは、当製作キャラに搭載されているシステムの一つで、スタートボタンを押すことにより、表示される物です。
方向キーで、項目の移動と変更を行います。
設定した内容は、アーケードであれば次のキャラの戦闘にも受け継がれる物となっています。
設定できる項目は、「Game Ballance」と「Sound Settings」の2種類です。
「Game Ballance」では、ゲームシステムを変えることが出来、「Re.Act」「FinalTuned」「AC Ver.A」「AC Ver.B」のうちのどれかを選択することが出来ます。
「Sound Settings」では、ゲームで使用されているヒット効果音を変更することが出来、「PC」「AC」のうちのどちらかを選択します。
(ただし、「PC」はRe.Actの物を使用します)
これが一応サンプルです。

posedmenu.jpg


ポーズメニューを使用できるようにするパッチは、どの作品でも用意してますが、この際多数決で、デフォルトでポーズメニューを使えるようにするかどうか決めてもらおうかと思います。
どうか投票をお願いします。
もし何か不明な点等ありましたら、コメント欄にてご記入をお願いします。
投票期間は、11月22日までとしています。
ただし、パッチはこれ以降も用意する方針なので宜しくお願いします。

○補足説明
現在、ポーズメニューをデフォルトで使用できないようにしているのは、もう一つ理由があります。
現行版でプレイすると分かるかも知れませんが、VSモードやWATCHモードなどでは、たまにAIが暴走してポーズメニューを勝手に開いてしまうバグがあります。
これについては、正式版では、VSモード、WATCHモード、TRAININGモード以外では、問題が起こらないよう修正することができますが、この3つのモードのみ、MUGENの仕様上、修正を加えることがほぼ確実にできません。
その辺も考慮して頂き、どうか投票をお願いいたします。
(一部の方からのご指摘があり、このように付け加える次第となりましたことを、予めご了承下さい)





無料アクセス解析

EDIT  |  07:48 |  MUGEN関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2007.10/20(Sat)

犯罪が多すぎて世が狂ってると思うこの頃です…

去年はそれほど気にしなかったのですが、今年は特に殺人の犯罪が凄まじく多い気がしますな。
最近は立て続けに何度も事件が起こっているわけですから、そうのんびりと過ごせるようなものではなくなりましたね。

しかし、その原因をアニメの所為にするというのは、いささか問題あるかと思います。
特に某ニュース番組ではアニメ番組内容まで暴露する始末…(しかも解釈間違ってますしね)
今年ほどおかしいなと思った年は無いかもしれません。

ひぐらしもその所為で放送中止になりましたからね…。
観ていただけに、残念です。
DVD版で未放送分も出てくることを期待してます…。

まぁあまり言える義理ではありませんが、人の命を軽んじると一生後悔することになるので、これ以上増え続けないで欲しいですな。
EDIT  |  12:07 |  雑記  | TB(1)  | CM(2) | Top↑

2007.10/10(Wed)

同時に進捗状況でも…

正直別のゲームのプレイ中ということもあり、製作についてはあまり進んでいません。
ただ、以下の機能を青子に追加、修正してみました。

・ヴァイタルソースの追加
・追い討ちされた時のコンボができなかった部分の修正
・サーキットブレイクの追加

ヴァイタルソースは、HEAT/BLOOD HEAT時の回復量に関係していますが、これまでの青子の公開物では、回復量に制限がないので事実上無限に回復することができていました。
しかしこのヴァイタルソースを追加したことで、回復量に制限がかかるようになりました。
ただ、従来の物が好きな方がいるかもしれないので、これも設定ファイルにおいて、ON/OFFの切り替えを可能にしています。

真ん中の追い討ちバグは七夜を修正する前からあったものでした。
ずいぶんとこのバグには悩まされたものですが、ひょんなことから解決方法が見つかりました。
七夜等にも適用する方針です。

サーキットブレイクもかなり悩みましたね…。
まだ対応キャラが少ないですが、いずれ機会を見て増やせたらと考えております。
EDIT  |  20:57 |  MUGEN関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2007.10/10(Wed)

寄り道してます(死

先日、ようやくリアルの方で精神を悩ませていた課題が終了して、今は結構のんびりしています。
それで、この前の連休で「ENTHUSIA」というマイナー(?)なゲームを入手したので、毎日少しずつプレイしています。
やってみて思ったことは、GTシリーズみたいなカーラインアップと多数のコースがあることですね。
既に他所で述べられている部分もありますが、一応このゲームの長所、短所を述べたいと思います。

長所:
・ハンドル操作がGT4よりは現実味がある
・オッズ方式を用いているので、自分の好きな車の性能が低くても、腕があれば1位になることができる
・BGMがとても良い
・エンジン音がGT4よりは現実に近い

短所:
・カーラインアップがGT4よりも少ない
・ルーレット方式が用いられているので、自分の好きな車を手に入れることができない場合がある(運任せですね)
・グラフィックがGT4よりもあまりよくない

まぁゲームの方向性がGT4と違う分、比較する自体好ましくないのですが、あくまで参考ということで…。
個人的には、GT4になかったセルシオが、ENTHUSIAにあったのがいいかなと思います。
EDIT  |  20:23 |  一般ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2007.10/03(Wed)

製作状況とか…

青子について。
AD/AADのエフェクトをRe.Actよりキャプチャしております。
というのも、MBACでは光線エフェクトが2倍の解像度で表示され、見栄えがよくないと思ったからです。
この青子では例のごとく設定項目を追加して、以下のどれかを選択できるようにしようと思います。

①MBACデフォルト
②MBAC+MBRe.Act
③MBRe.Act

①は、勿論原作で使用されているエフェクトをそのまま使用します。
カラーパレットにも対応しているので、光線などの色も独自に変更することが出来ます。
デフォルトでは、これが選択されるようにするつもりです。

②は、光線と一部のエフェクトをRe.Act仕様に書き換えるものです。
光線がRe.Actなのでより綺麗な表示となります。
また、カラーパレットにも対応する予定です。

③は、AD/AADのエフェクトが全てRe.Actのものに変更されてます。
選択できるものの中では最も画質が良いですが、カラーパレットに対応していないので、AD/AADのエフェクトカラーを変更することが出来ません。

②と③は同じエフェクト(と言っても減色方法が違いますが)を2つ登録しなければならない所がありますが、その辺はご了承頂ければと思います。

下のSSは従来の物(①の仕様)と、②の仕様の物を比較した画像です。
ad-aad_ss01.jpg


このように②の仕様ではカラーパレットにも対応している上、解像度もより繊細となっています。
ad-aad_ss02.jpg

EDIT  |  19:16 |  MUGEN関連  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。