スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2006.12/24(Sun)

LinuxMUGENについて(1)

MUGENをプレイされている方はあまり知らない人も多いかもしれませんが、MUGENにはDOS版とWindows版の他に、Linux版という物が存在します。

私を含めて世界中の殆どの方はWindowsを使用されていますから、Linux自体、触れる機会が少ないかと思います。
かのelecbyte様は、DOS版MUGENをリリース後にLinux版をリリースしています。
これは、仮にその事実を知らなくても、Win版MUGENのmugen.cfgを開くとなんとなく気づく人もいるかもしれませんね。
([Video Linux]等の項目が代表的ですね)

ここでは、Linux版MUGENの使用方法などを検証していきたいと思います。
知ったかぶりも多いと思いますので、間違っている部分がありましたら指摘のほうお願いします。


【More・・・】

●プレイ方法の検証
まず、Linux環境の構築が前提ですね。
ここでは手っ取り早くKnoppixを使用して作業を行なっていきます。
Knoppixと言えば、パソコンにインストールしなくてもCDをセットするだけで起動できてしまうOSですね。
また、Linuxは一般の人には扱いにくいOSですが、KnoppixはWindowsと同じような操作感覚で作業を行なえるというのも利点の一つです。
厳密な使用方法についてはここでは割愛させていただきます。

一応イメージの公式公開サイトのリンクを張っておきます。
http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/iso/index.html
ダウンロードする際は容量がとてつもなく大きいので注意して下さいね。
(CD版でも600MB越しますしね)

次にLinux版MUGENを入手します。
ここからダウンロードすることができます。
http://www.mugen-infantry.net/index.php?pid=8
(Limugenという項目をクリックして下さい)
そして好きな場所に解凍します。

Knoppixが起動したら、ターミナルを起動します。
そして、cd(チェンジディレクトリコマンド)で作業ディレクトリを変更します。(ディレクトリとは「フォルダ」と同義です)
linmugen01.jpg

しかし、いちいち場所を入力して指定するのは面倒ですよね。
ですので、下のようにディレクトリ自体をターミナルにドラッグアンドドロップします。
linmugen02.jpg


すると、このようにディレクトリの場所が自動的に記述されますので「Enter」を押して次へ進みます。
linmugen03.jpg

これで作業ディレクトリがmugen本体のある場所に移動しました。
次にmugen本体を起動します。
mugen本体の起動はDOS版と同じくコマンドラインでの起動となります。
ですのでバッチファイルを用意しておけばかなり楽になるかと思います。
このコマンドを入力し、「Enter」を押すことで起動します。

./mugen

linmugen04.jpg


起動したらあとはWindows版MUGEN等と同じ操作です。
ゲームパッドも私の持っているものではしっかり認識してくれたのでWin版と同じような感じですね。
ただ、起動時にDOS版と同じでこのような画面が出ますが、今のところ対処法が見つかっておらず…(DOS版での対処法も無理でした…orz
linmugen05.jpg

対処法が見つかれば、また報告したいと思います。



●使用してみての感想など
…で、試しにプレイしてみたところ、DOS版とWin版の中間的なイメージがあるように感じました。
まぁリリース時期がそうですから、当然といえば当然なのですが(笑)

Win版とLinux版との大きな違いは、まず音声部分ですね。
Win版で使用可能であった音声プラグイン(Winampプラグイン)は、Linux版では使用できないということが挙げられます。
この辺に関してはDOS版と似ていると言ったほうがいいのかもしれません。
ですのでDOS版を使用したことのある方なら、おそらくすんなり作業をできるかと思います。

対応している拡張子はDOS版と同じで、wave形式、midi形式、mp3形式のほかにmod形式などがあります。
音声再生の部分に関してはWin版と同じく環境に左右されるという点は、変わらないようです(苦笑)
私の環境ではかろうじて再生できましたが、たまにプツプツという異音が出たりしました。
まぁ再生できただけでも良しとしましょうか(TT;)

それ以外の部分では、殆どWin版と同じ感じで使用することができました。
色の部分に関してはWin版と同じで、256色以上の色が扱えるらしいです。
また、「DoubleRes = 4」という高解像度モードも使用可能なようです。
(ただし、Win版と同じで一部に限りますが)
私の製作物の一部(七夜志貴やステージ)を試しに使用してみましたが、色場けをすることもなく正常にプレイすることができました。
linmugen06.jpg

ぱっと見た感じではWin版となんら変わりませんよね。
つまり、Win版に対応しているキャラやアドオンなどならどれでも使用可能である、みたいです。
ただ、試している数が少ないのでしっかりとした意見は言えないのが残念ですがorz
現在Linux系OSを使用している、もしくは今後触れる機会がある方は、一度やってみるといいかもしれませんよ。
スポンサーサイト
EDIT  |  21:25 |  MUGENにおける小技  | TB(0)  | CM(5) | Top↑

Comment

おお。
現在、PS3を改造してLinuxをインストールすと言った方法が見つかっている為、
PS3でもMUGENが出来るといったことですな。
これを機に後で、Linux版にも触れてみますお。
名無し | 2006.12.24(日) 22:36 | URL | コメント編集

PS3って凄いんですね
Linaxという単語はこういう意味だったことは今までよく知りませんでした。
仮 | 2006.12.24(日) 23:25 | URL | コメント編集

>>名無しさん
PS3でLinuxインストール可能ですか、初めて聞きましたよ(
まだLinux版については述べてないことも多いので、早くまとめていきたいですな。

>>仮さん
Linuxというのは幅広い意味を持ちますからね。
プログラムを組むのはWindowsよりも楽ですから、私は結構使っているのですが、これも何かの役に立ってくれれば幸いです。
来焔眞 | 2006.12.25(月) 20:36 | URL | コメント編集

こんにちは。
MUGENをやりたいがために、Linux導入をしています。

私はMac(PowerPC)ですので、果たしてMUGENが無事に動作するか不安ですが、チャレンジしてみたいと思います。

この記事を参考にさせていただいます。
くるり | 2007.03.15(木) 12:31 | URL | コメント編集

DSLinuxでMUGENをーと思って試してみたけど当然のごとく無理だった・・・。
やりかったな~。
暇な奴 | 2009.04.06(月) 13:18 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。